OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
社会貢献事業 > HY VONG 1
PHILANTHOROPY
社会貢献事業
部門案内
HY VONG 1
アシアナ基金
HY VONG 1
HY VONG1サポート
ベトナムの聴覚障害の生徒のための学校HY VONG1のウェブサイトのプロデュースおよび運営サポートを行なっています。HY VONG1のご紹介と、サイトについてご紹介いたします。
サイトはこちら http://www.hyvong1.org
HY VONG 1 のウェブサイトについて

 2004年5月6日、HY VONG1を訪れました。聴覚障害のある子供たちと、私どものアート表現を共有したいと願い、その実現にむけて私の所属するダンスカンパニー「TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO」では、芸術監督のTOMOE SHIZUNEの指導のもとに身体表現のトレーニングを積んでいました。そのなかで、ウェブサイトのDEAF SCHOOL(聴覚障害の生徒のための学校)のリストにあった音楽と舞踊のクラスを展開している「HY VONG1」に目がとまったのです。そして、HY VONG1のノイ女史とのコンタクトが始まり、音楽舞踊クラスでの交流が行われました。

 ウェブサイトでHY VONG1を見つけたのは、DEAF SCHOOLのリストのなかのほんの数行の情報からでした。その情報も貴重なものですが、もっと、ウェブサイトを通じて、この活き活きとしたHY VONG1の活動を紹介したい。また、「聴覚障害を持つ子供の教育のためにベトナム国内や海外の学校や組織と協力をしていきたい。いかに社会と関わっていくか、教育と教授の方法について、経験を分かち合っていきたい。」というHY VONG1の希望を実現する架け橋となるサイトを提供したいと考えました。

 HY VONG1発足当初、ホーチミンの現在のHY VONG1近辺には聴覚障害の子供のための学校がなかったそうです。そこで、ノイ女史が自宅に子供たちを集めてはじめたのがHY VONG1のはじまりです。ノイ女史が自作の補聴器も作成したといいます。現在は、教会の一角に、幼児クラス、基礎教育クラス、音楽、舞踊、美術、工芸、裁縫、コンピューターなど各種教室を構え、約100名の生徒が通っています。聴覚障害があることで希望する仕事に就けなかった子供が、悔しさからか「勉強したい、夜間のクラスをつくってください」と訴えてきたことを機にほぼボランティアベースでの夜間クラスも開講しています。ノイ女史になぜ聴覚障害の子供のための学校をはじめたのか尋ねると「I Like DEAF STUDENTS」という応えが返ってきたました。

 HY VONG1を訪れて子供たちと交流し、ノイ女史のお話を伺うなかで、私はHY VONG1がとても好きになりました。ノイ女史が応えてくださった言葉が希望となって、微力でも役立てることがあればと思い、このたび、ウェブサイトのプロデュースとスポンサードによって協力をさせていただくことといたしました。

 「HY VONG」はベトナム語で「希望」を意味します。今後とも、HY VONG1の「希望」を実現するサポートを行えますよう尽力してまいりたいと存じております。皆様のご支援賜りますよう心よりお願いを申し上げます。

プロデューサー カガヤサナエ

お問い合わせ
[写真]
△HY VONG1の看板
[写真]
△幼児クラスの子供たち
[写真]
△刺繍をしている女の子
[写真]
△ダンスクラスの演舞
[写真]
△絵画クラス。熱心に絵の具で絵を描いている
[写真]
△音楽クラス。弦楽器を演奏している
[写真]
△コンピュータクラス
[写真]

△クッキング

HY VONG 1 ウェブサイトの目的・主旨
 HY VONG1のサイトを設立する目的は、主に、HY VONG1の使命と全般的な活動を伝え、広く関心を持っていただくこと、それによって、交流が促進、発展し、聴覚障害を持つ子供の教育に役立つことにつながるサポートを行いたいと考えています。「聴覚障害を持つ子供の教育のためにベトナム国内や海外の学校や組織と協力をしていきたい。いかに社会と関わっていくか、教育と教授の方法について、経験を分かち合っていきたい。」という希望を実現する架け橋となるサイトをめざしています。
 上記の目的から、同じ教育に取組んでいる方やサポートをしてくださる方に積極的にご利用いただくことを念頭においています。
 なお、ベトナム国内はもとより国外の方にも関心をもっていただく機会となるよう、言語としては、ベトナム語、英語、日本語による展開をいたします。
プロデュース・スポンサー・企画 OFFICE TOMEO CO., LTD.
ウェブサイト開発協力 K&G SOFT WARE CAMPANY
協力 TOMOE SHIZUNE & HAKUTOBO
このページのトップへ
社会貢献事業 > 部門案内HY VONG1 | アシアナ基金
Copyright(c) 1995-2012 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.