OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
レポート
2020年3月14日
南管オペラ「朱文走鬼」が再演
台湾臺灣戲曲中心にて上演
 
※ 台湾の台湾戯曲センターにて上演が予定されておりました「朱文走鬼」公演は、LIVEストリーミングでの上演でお届けすることに変更となりました。詳細はこちらをご参照ください。

朱文走鬼
朱文走鬼
来る2020年4月4日、5日、私ども「友惠しづねと白桃房」舞踏団主宰・芸術監督の友惠しづねが2006年、2010年の2回にわたり演出を担ってまいりました南管オペラ「朱文走鬼」が台湾戯曲センターにてリバイバル上演されます。

2006年台湾の台北国立実験劇場にて初演された台湾・中国・日本の共同作品「朱文走鬼」は第5回台新芸術賞パフォーミングアーツ部門大賞を受賞し、2010年にパリの “FESTIVAL DE L’IMAGINAIRE”に招聘され、国立オペラ・ド・バスチーユで上演されました。
台新芸術賞大賞の受賞理由では次のように述べられています。「『朱文走鬼』は、江之翠劇場と日本の友惠しづねと白桃房による共同作品。中国の古典と、日本の舞踏の美が融合し、とても純粋且つ成熟した芸術作品を生んだ。江之翠劇場の十幾年の努力が実った代表作品となる。実験的創作の貴重な結果を成すと同時に、江之翠劇場と友惠しづねと白桃房の合作により、文化の融合を見せてくれた。」

この度、10年の時を経て、幽霊と人間の時空を超えた恋愛物語「朱文走鬼」が再演されます。音楽家の演奏が物語を導き、俳優陣の深みを増した演技と舞踏の美が見事な融合を見せます。
下記に公演の概要をご案内いたします。

 
日時:
4月4日(土) 14:30、19:30開演(台湾時間)(中止)
4月5日(日) 14:30開演(台湾時間) (中止)
※4月4日(土)19:30開演(台湾時間)のみLIVEストリーミングを実施
会場: 臺灣戲曲中心 小表演廳
主催: 国立伝統芸術中心
公演のウェブサイト: https://tttc.ncfta.gov.tw/home/zh-tw/activities/1195


アートコンセプト
スクリプト
舞踏振付

友恵しづね

演出 高俊耀
舞踏演出 加賀谷早苗
制作 紀慧玲
演出顧問 温明儀
執行製作 楊凱婷
出演 魏美慧、林雅嵐、陳玉惠、鄭尹真
舞踏出演 芦川羊子(友惠しづねと白桃房)
樂師 陳佳雯、王瓊g、廖于濘、ョ虹綾、林世連、林瑋茜
舞台美術 黃怡儒
照明 王天宏
衣装 鄭惠中
音響 劉東信
舞台監督 汪淑儀
広報 劉宛頤
 
●関連記事
「朱文走鬼」国立オペラドパリ公演
台新芸術賞 大賞受賞に寄せて
 
このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.