OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
レポート
2014年11月26日
日本の舞台芸術における国際学士課程セミナーで
友惠しづねと白桃房の舞踏ワークショプ・舞踏公演開催
 2014年10月31日、インターナショナルスクール演劇協会(International School’s Theatre Association)主催により横浜インターナショナルスクールで、「日本の舞台芸術における国際学士課程セミナー(International Baccalaureate Seminar in Japanese Theatre Arts)が開催されました。今年は能、狂言、舞踏の講座が設けられ、舞踏カンパニー「友惠しづねと白桃房」の加賀谷早苗が舞踏講座の講師を務めました。日本はもとより海外(北京、香港、ダッカ〔バングラデシュ〕、ジャカルタ〔インドネシア〕、タシュケント〔ウズベキスタン〕など)からインターナショナルスクールの学生やアーティストが参加し、舞踏講座では、舞踏の身体技術を通して、からだで表現する楽しさを味わって頂きました。
舞踏ワークショプ
 また、同日の夜には、「友惠しづねと白桃房」の舞踏上演が行われ、参加者が集いました。日本を代表する琴奏者・宮城道雄氏の『水の変態』を友惠しづねがアコースティックギターでアレンジした作品や『蓮遙抄』などが上演され、感激で溢れました。
◎ 開催内容
日本の舞台芸術における国際学士課程セミナー
(International Baccalaureate Seminar in Japanese Theatre Arts)
日程: 2014年10月31日(金)〜11月2日(日)
主催: インターナショナルスクール演劇協会
(International School’s Theatre Association)
会場: 横浜インターナショナルスクール
▽ ワークショップ《舞踏》
日時: 2014年10月31日(金)
1回目 13:00〜15:00 (グループ #1)
2回目 15:30〜17:30 (グループ #2)
講師: 加賀谷早苗(友惠しづねと白桃房)
内容: 舞踏の身体技術の体験
▽ 公演《友惠しづねと白桃房》
日時: 2014年10月31日(金)19:30開演
上演: 『蓮遙抄』、宮城道雄へのオマージュ『水の変態』 ほか
作・振付・演出・音楽・音響・照明:友惠しづね
舞踏: 友惠しづねと白桃房
このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.