OFFICE TOMOE 創造的なヒューマンアビリティーを追及する ENGLISH
OFFICE TOMOEの紹介 リクルート お問い合わせ サイトマップ
ホーム アートマネージメント部門 ウェブデザイン部門 社会貢献事業
アートマネージメント部門 > ニュースリリース
ART MANAGEMENT
マネージメント部門
部門案内
サポート案内
活動実績
News バックナンバー
ニュースリリース
2016年11月10日
第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)で
『舞踏の顔』実演・展示

 2016年11月19日(土)、20日(日)、第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)が、東京藝術大学において開催されます。友惠しづねと白桃房/オフィス友惠は、本大会で『舞踏の顔』の実演、作品展示(写真・映像)を行います。実演コーナーでは、体験の機会も予定しています。奮ってご参加ください。
 日本顔学会は、1995年に顔に関する研究の発展を期し、また「顔学」の普及を図ることを目的に、顔の研究者や顔の研究に興味のある人が結集して発足しています。顔に関心のある方なら誰でも学会員になることができ、学会員の研究分野は、歯学、工学、美容や化粧文化学、顔の魅力や表情の研究を扱う心理学、芸術学・人類学など様々です。
 私どもは、友惠しづねと白桃房の舞踏公演にお越し下さった日本顔学会会長(当時)の原島博教授(現東京大学名誉教授)より当学会にお誘い頂き、学会に参加させていただくこととなりました。2009年には、日本顔学会誌 第9巻に「舞踏の顔」を特別寄稿いたしました。
 学術大会は、顔に関連した分野の従来の枠組みを超えたネットワークの創造と、研究発表の場として開催されています。今年は、東京藝術大学での開催ならではの特別企画として、「表現する顔」をテーマに作品展示が企画されています。ぜひ、この機会に私どもの『舞踏の顔』と共に多彩な顔研究、顔表現をご賞翫下さい。

友惠しづねと白桃房・舞踏譜(顔表現編)
37兆2千億個の素性がひとときの輝きのなかに趣となって露れる
友惠しづねと白桃房・舞踏譜(顔表現編) 37兆2千億個の素性がひとときの輝きのなかに趣となって露れる

  
◎ 第21 回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)
 《表現する顔》
 ◆ 大会長基調講演「彫刻における顔」本郷寛氏(東京藝術大学教授)
 ◆ 招待講演「顔を周るアクロバット」坂本満氏(お茶の水女子大学、国立
歴史民俗博物館名誉教授)
■ 日程: 2016年11月19日(土)〜20日(日)
■ 会場: 東京藝術大学[上野キャンパス]
(東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学美術学部中央棟)
アクセス方法・キャンパスマップ
アクセス・交通案内(東京藝術大学サイトへ)
フォーラム顔学2016 ウェブサイト
http://www.jface.jp/forum2016/
大会スケジュール大会プログラム作品展示一覧 などをご覧頂けます。
参加方法
フォーラム顔学2016ウェブサイトの参加者の方へをご確認の上、ぜひご参加下さい。
   
★ 関連記事
日本顔学会誌Vol.16発刊 友惠しづねと白桃房の「舞踏の顔(実演)」掲載
「第21回日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)」の予稿集を兼ねた学会論文誌の紹介記事です。
 
【この記事に関するお問合せ】
お問い合わせは下記、オフィス友惠までお寄せ下さい。
株式会社オフィス友惠 〒167-0053 東京都杉並区西荻南4-12-4
TEL 03-3334-7918 FAX 03-3334-7919
E-mail:info@officetomoe.co.jp
 
このページのトップへ
アートマネージメント部門 > 部門案内サポート案内活動実績Newsバックナンバー
Copyright(c) 1995-2015 OFFICE TOMOE CO., LTD. All rights reserved.